COORDINATE WAR ZONE

COORDINATE WAR ZONE

NEWアイテムを使用した最新おすすめコーディネイト対決!!

厳選6つのショップ、メーカーから、猛暑を乗り切る新たなスタイリングを提案!!

 

EURO SURPLUS

メインアームのみの運用を考えたミニマルスペック!

 米軍の特殊部隊の最高峰とも言えるTier1 組織において、MP7 のポテンシャルが見直されたこともあり、2020 年代に入りその再評価が進むMP7 を中心とした軽量装備がこちら。「軽量」といいつつも、セカンドライン、ファーストラインで必要な機能や携行品をしっかり押さえつつ、ハイドレーションパックもマウントしており、趣味趣向はあるもののオールシーズン対応できるスペックを誇るスタイリングだ。メインアームをPDW にすることによりセカンダリーアームを運用しないという潔さが吉と出た好例といえる。

 

PHANTOM

スタイリングに玄人感を醸し出したいエアソフター必見!

 トレンドシーズンを越え、定番化が急速に進むカジュアル装備の王道コーディネート。こういった装備は身に着けるアイテムが少ないことから一辺倒なスタイリングになりがちだが、「マッチョなアメリカ」を体現したアプローチが魅力のVIKTØS のウエア類に、英国エクイップメントブランドWARRIOR ASSAULTSYSTEM のチェストリグを合わせることで、カルチャー色が全体的に付与されワンランク上の玄人感を醸し出すことに成功している。機能だけでなく、そういった文化的背景や自身のオペレーターとしての設定なども重視したいエアソフターに特に参考してもらいたいセッティングだ。

MIL-FREAKS

メインストリームの端っこを歩む玄人に贈るスタイリング事例

 ストリート色の強いタクティカルカルチャーを国内でリアルタイムに伝えてくれるミルフリークスならではのセットアップがこちら。象徴的なカスタムコンバットシャツ(店舗限定販売)は、なんと伝説的なサイコビリーバンド、MAD SIN のバンドT シャツをベースにつくられたもの。SLADE 氏を中心としたミリタリーインフルエンサーがHR/HM バンドのサンプリングアイテムを身に着けているのはよく見るものの、METALLICA やANTHRAX などのド直球のバンドT シャツではなく、ロカビリー文脈のみならずHR/HM 好きからも評価の高い同バンドをセレクトしたあたりに、ミルフリークスのカルチャー偏差値の高さが現れている。

 

CONDOR

機能を追求した普遍的な装備を求めるヒトにオススメ!

 1994 年に創業して以来、ある意味流行とは関係なく常に世界のタクティカル事情を俯瞰してみてきたと言えるコンドル。そして、世界中の戦闘地域、もしくはセキュリティシーンからの要望をリアルタイムで吸い上げ、プロダクツに反映する同ブランドが提案する軽量装備がこちら。国内のエアソフト業界においては、個人の装備にコストをかけがちな米軍特殊部隊装備がフィーチャーされがちだが、圧倒的に機能とコストパフォーマンスが重視される「現場」のリアルが彼らのスタイリングアイテムから垣間見える。あえてトレンドには乗り切らず、手練れ感のある雰囲気を醸し出したいエアソフターにオススメだ。

 

SHENKEL

正規軍採用率の低い迷彩を逆手にとった通好み仕様

 元米陸軍出身のふたりにより創設されたKRYPTEK 社。そして、そんな彼らが創り出したオリジナル迷彩のひとつで、日本のサバゲフィールドとも相性の良いクリプテック マンドレイク柄のウエア類を中心につくられたスタイリングがこちら。同迷彩は主に民間に展開していることが多いという背景から、米国でたびたび話題となっているミリシアなどの民間武装勢力をイメージしてコーディネートされており、エクイップメントはあえて前時代的なRRV タイプのベストをセレクト。地元意識が強く、迷彩効果にはこだわるものの銃器やエクイップメント類にはコストがまわらない兵士というマニアックな設定にふりきっている。

 

 

MILICO HUT

ベテラン退役軍人を演出するためのさまざまな工夫が魅力!

 映画「13 時間 ベンガジの秘密の兵士」で世に広まったG.R.S(Global Response Staff ※要は退役軍人等で構成される軍事企業)の存在。彼らは軍事力を持つことができないCIA の直下でセキュリティ・軍事作戦等を遂行する、いうなればパラミリタリーであり、その任務は公式・非公式ともに多岐にわたる。さて、今回ミリコハットが用意してくれたスタイリングはまさにそんな彼らをイメージしたもの。車両移動時の運用性を考慮して、ハンドガンをあえて逆にマウントしたり、プレートキャリアのバックパネルには何もつけなかったりと、ディテールの詰め方はさすがミリコハットと言ったところ! タクティカル偏差値を上げたいヒト必見!

 

 

(Visited 302 times, 1 visits today)