三重県で9月にプレオープンした「TOKAI AIRSOFT PARK」に行ってきた!

2023年9月16日三重県鈴鹿市にプレオープンしましたサバイバルゲームフィールド

「TOKAI AIRSOFT PARK」に遊びに行ってきました!

 

 

TOKAI AIRSOFT PARKは2年前に惜しまれつつも閉店した同じく三重県のサバイバルゲームフィールド「クロシェットサーフ」が、場所を移して装いも新たにオープンしたサバイバルゲームフィールドです。

 

現在は屋内ゲームエリアでのゲームを展開しており、ゆくゆくは屋外ゲームエリアやミリタリーショップの「軍拡商店」も開設していきたいとのことで、それが実現するのなら東海最大級のフィールドにもなるやもしれません。

 

今回はプレオープンということもあり、簡潔なレポートとしてお届けいたします!

 

 

◆ゲームエリアの様子

ゲームエリアは元々は水耕栽培のビニールハウスだったところを改装して活用した屋内ゲームエリアがあり、その奥行きは55m、横幅は18mとかなり広めで、ゲームエリア全面には青色の人口芝生が敷かれており雨や汚れの心配はほぼありません。

 

ゲームエリアはベニヤ板のバリケードが設置されており、複雑でかつ不規則に設置されています。しかしながらバリケードとの間の空間はそこまで狭く感じず、ライフルなどの長物の取り回しも特にストレスを感じませんでした。

 

ゲームエリア中央付近のバリケード。ここがかなり激戦区な印象を受けました。

 

バリケードの一部にはドアも付いておりゲーム中も開け閉めすることが可能で、その攻防に活用できます。

 

屋内ゲームエリアは月ごとにバリケードのレイアウトを変えていくそうで、飽きの来ないような取り組みがありました。

 

実際のゲーム中の様子。バリケード越しの攻防でした。

ゲームは10人VS10人で行われるそうでこの日は3チームに分けられ交代制でゲームが進められていきました。

 

また交戦距離は近~中距離程度で近接戦闘が多い印象でした。

 

屋内フィールド建屋の壁面は網目の細かいネットで覆われていました。このネットは至近距離からフルオートを撃ち続けても破れることのない頑丈なネットだそうです。

 

ナイトゲームの様子。TOKAI AIRSOFT PARKの屋内ゲームエリアでは照明も完備しているのでナイトゲームの開催も可能です。

 

ナイトゲームを外から観戦した場合の様子。ナイトゲームは4名から予約で開催ができるそうです。

 

 

◆シューティングレンジ

シューティングレンジは最長50mで各所にスティールターゲットが設置されており、エアガンの調整などができます。

周りも鋼板で壁が作られており、そこまで風の影響は感じませんでした。

 

 

◆八野ファーマーズマーケット/8nSTORE

TOKAI AIRSOFT PARKでは施設内に構える「八野ファーマーズマーケット/8nSTORE」があります。

一見、別の施設にも見えますがTOKAI AIRSOFT PARKが運営しております。

 

店内の様子。広々とした空間にさまざまな商品が並んでます。

 

地元農家からの新鮮な朝採れ野菜が陳列されています。

話を聞くと近隣のスーパーと比べ3~4割程安い価格で新鮮な野菜を販売しているので、朝は地元の方で賑わっています。

 

実際の商品のラベル。よく見ると確かにTOKAI AIRSOFT PARKの文字が。

かぼちゃにAIRSOFTの文字が入るという他で類を見ない状況ですね。

 

他にも「8nSTORE」ではコストコから卸した商品がコストコの年会費や会員証無しで購入することができる取り組みがありました。

ハイローラーなど大容量でなかなか購入しづらかったあの大入り商品もバラ売りで購入することができます。

 

食品の他にも大容量でコストコで見たことある商品の数々が置いてありました。

三重県で恐らく初となるお店ではないでしょうか?

 

お昼にはコストコ名物のあのピザを食べることができました。お供にはルートビアとこれまた日本ではなかなかお見かけしないソフトドリンクを購入。

テイクアウトの場合、ピザは専用のピザ窯で温めてくれるので熱々のカリっと焼き上げての提供でした。

 

 

◆フィールドまでのアクセス

TOKAI AIRSOFT PARKは三重県鈴鹿市八野町462−10にあります。

写真の建物の手前の道路沿いにある板金塗装工場と間にある側道に入ります。

 

車で大阪近郊なら1時間強で名阪国道を通って亀山ICからさらに20分程度でフィールドに到着できます。

東海地方からもアクセスしやすい立地かと思われます。

 

側道を通ってその先を曲がれば八野ファーマーズマーケットが見えてきます。

 

写真がTOKAI AIRSOFT PARKの受付およびセーフティエリアとなる建物です。

 

現在の駐車場の様子。かなりの車が駐車できると思います。

ゆくゆくはこちらのエリアを屋外ゲームエリアとして改装していきたいとのことで、今後の発展に胸が高鳴るばかりです。

 

 

◆セーフティエリアの様子

セーフティエリアは50名ほどが着席できるようになっており各席にはスポットクーラーも完備。他設備にはポットや電子レンジに冷蔵庫、男女2名ずつの更衣室に、男女別の綺麗な水洗トイレありました。

またBB弾やバッテリー、ガスなどのちょっとした消耗品の販売もありました。

 

特にトイレは1番力を入れた部分だそうで、かなり綺麗で清潔感のある作りとなっておりました。

 

フィールドでどうしても気になるのがトイレ問題なので、TOKAI AIRSOFT PARKでは男女共に水洗式トイレなので臭いも気にならず心地よく利用できそうです。

 

いずれはショップ「軍拡商店」や屋外ゲームエリアの開設などこれからもドンドン作っていくとのことで、三重県で天候の心配もなく、汚れること気にせず遊べるTOKAI AIRSOFT PARKの今後に注目です。


TOKAI AIRSOFT PARK

住所:〒513-0837 三重県鈴鹿市八野町462−10

ホームページ:https://tokaiairsoftpark.co.jp/

X(Twitter):https://twitter.com/TokaiAirsoft_PR

(Visited 2,954 times, 1 visits today)