いまさら聞けないサバゲーの歴史とは?

サバイバルゲーム(サバゲー)の歴史について

日本におけるサバイバルゲーム(以下:サバゲー)の歴史は、1970年代から始まりました。以下に、日本におけるサバゲーの歴史の主要な節目を紹介します。

サバゲーの歴史

【1970年代】
日本におけるサバゲーの始まりは、海外からの影響を受けたものでした。当時、アメリカ合衆国の軍事訓練やウォーゲームが注目されており、日本でも模擬戦闘を楽しむ人々が現れました。木製の銃やゴム弾を使用して行われるゲームが主流でした。

【1980年代】
サバゲーは日本国内で人気を集め、プレイヤーコミュニティが形成されました。初期のサバゲーイベントは自主的に開催され、装備やギアもユーザーが手作りすることが一般的でした。

【1990年代】
日本におけるサバゲーはさらに普及し、商業施設でのイベントやフィールドが登場しました。エアソフトガンが導入され、リアルな戦闘体験を追求するプレイヤーが増えました。この時期には、初期のサバゲー団体やフィールド運営者が活動を始めました。

【2000年代】
サバゲーはさらに成熟し、プレイヤー人口が増加しました。フィールドの数やバラエティも増え、プレイヤー同士の交流や大規模なイベントが盛んに行われるようになりました。また、エアソフトガンの技術も進化し、より高品質でリアルな装備が開発されました。

【2010年代〜現在】
日本におけるサバゲーはさらに多様化し、エンターテイメント要素が強化されました。大規模なイベントやトーナメント、リアルなシナリオゲームなど、プレイヤーがより本格的な戦場体験を楽しめる場が増えました。また、ゲームフィールドの設備や安全対策も充実し、プレイヤーの安全性や快適性が重視されています。

以上が、日本におけるサバイバルゲームの主要な歴史の節目ごとの事柄となります。こうしてみるとサバゲーの歴史も深みがありますね。

いかがでしょうか?

これからサバゲーを始める方もサバゲーに興味がある方もぜひチェックしてみてください。


サバゲー初心者のススメはこちら

サバゲーについてのQ&Aはこちら

その他の記事はこちら

サバゲー初心者

(Visited 514 times, 1 visits today)
PR
編集長M

編集長M 

ユニオンウェブ編集長のMです👨🏻‍💻ユニオンウェブは多方面のフィールド様やショップ様、個人活動されている方の宣伝にもお役立て頂けます💡サバゲーを愛する方々が手を取り合って笑顔を増やせる場を創れればにて、ぜひ一読、ご活用ください🌱

編集長Mの投稿一覧