【カスタムる日々】DE.50AE CUSTOM “Knight”【過去作回想】

皆さんこんにちは、結利晴信です。
すっかり桜の季節になってしまいました。
もう近所の桜も満開です。冬が…終わる!!( °Д°)

 

さて今回の過去作回想コーナーではDE.50AEカスタム「Knight」について回想してみようと思います。
DE.50AEカスタム “Knight”のタイトル画像
マルイのデザートイーグル.50AEをベースに、ゲーム「バイオハザード」に登場するような個人専用ワンオフモデルの対生物兵器カスタムをイメージして製作したドレスアップカスタムというコンセプトで活動初期に製作した作品でした。
今だから言うと”「バイオハザード」に登場するような~”という部分に関しては失敗してますねwこんなのバイオハザードには出てこない。

 

 

DE.50AEカスタム “Knight”の側面写真
まだ自分が作りたいモノの方向性が定まっていない頃だったので「バイオハザード設定の銃」「アーマーで強化されたSF銃」という別々のコンセプトを一緒に一つの作品にしてしまった感(;´Д`)
別に「バイオ設定の銃でSFテイストのアーマー銃」というのがあってもいいとは思うのです。
ただ作者である私が当時あまりハッキリ意識せずにその二つを内包した作品として作ってしまった故、いま見るとどうにも中途半端なものになってしまったなあ、と。

 

 

DE.50AEカスタム “Knight”のパーツ拡大写真
各部は銘の通り甲冑騎士のような「アーマー」を意識してけっこう凝ってました(´ω`)
もともとデカくて迫力あるデザートイーグルに肉厚の装甲を重ねてさらに大型化してますね。
カラーリングもシルバーをメインにして騎士っぽさは出てると思います。
一方でアイアンサイトを大型のコンバットタイプ化したりバレル上とフレーム下にはピカティニーレールを追加してたり、ここはバイオハザードらしい「リアル寄り」のタクティカル要素。

 

 

東京マルイ「ライトニングホーク」の写真
(東京マルイ ライトニングホーク .50AE 10インチ マグナポートカスタム より)
公式のバイオハザード系カスタムにもデザートイーグルベースのモデルがありますが、やはり大型化はしていてもどこまでもリアル寄りですよね(´ω`)
(最近では権利関係の事情か、昔ほどリアルな銃器が劇中に登場しないのがちょっと残念ではありますがw)
そういえばこの銃でも上下のレール+コンバットサイト化という点だけは同じだ(゚∀゚)

 

 

DE.50AEカスタム “Knight”の逆斜め写真
作った当時は情熱の赴くままにとにかく作りたいものを形にするだけで精一杯でしたが、いま振り返ってみるとそこに既にのちの作品に分化していった要素があったんだなあとしみじみ思い出しました。
…そういや冒頭「こんなのバイオハザードには出てこない」って書いたけど、P.R.L.412とかパラケルススの魔剣とかSFファンタジー銃はけっこう出てたわ( °Д°)

(Visited 55 times, 1 visits today)
PR
結利 晴信

結利 晴信 

トイガンの外装カスタム作品を受注製作しております結利晴信(ゆうりはるのぶ)です。月刊アームズマガジンにて「空想銃製作指南~YURI CUSTOM WORKSHOP」連載中。その他アーマー装備・ウエスタン・チャンバラなどいろんな分野で活動中!(゚∀゚)

結利 晴信の投稿一覧