CM16 PREDATOR M-LOK

G&G ARMAMENT 電動ガン 18歳以上

好評を博したベストセラーモデルが
モデルチェンジを経て最新バージョンに!

激動の2022年が終わり、そして2023年が始まった。そして年末年始を経たこのタイミングで各メーカーからの新製品が続々と到着。注目のニューモデルをピックアップして紹介しよう。

 

CM16 PREDATOR M-LOK

G&G ARMAMENT

アグレッシブなハンドガードが特徴のちょうどいいサイズのミドルカービン

SPEC
全長:725mm
重量:2540g
装弾数:105 発
パワーソース:7.4v リポバッテリー
特徴:可変HOP 搭載、ETU+MOSFET

シリーズ
ARP556 2.0 CM16 PREDATOR M-LOK ARP9 2.0


 

さまざまな要望を取り込んでより実用的にメガ進化

G&G のベストセラーであるARP9/ARP556 はコンパクトで軽いボディとETU による実射性能で好評だったが、このたびモデルチェンジで2.0として生まれ変わった。変更点は多岐に渡るが特に目を引くのは延長されたフロント周り。
これによってサバゲでの使いやすさと発展性がアップしている。
同じく新製品のCM16 PREDATOR M-LOK はかつてのGC16 PREDATOR を彷彿させるモデル。
猛獣の牙のようなマズルが外観上のポイントだが、ハンドリングのいいミドルサイズのバレルや軽量なナイロンファイバーレシーバー、ETU などバランスのいい仕上がりにも注目だ。
各モデルとも今回のリニューアルで今まで以上の人気モデルとなるのは間違いない。

TEST SHOOTING

期待のリニューアルモデル3機種を屋外レンジでシューティングテスト!
ルックスの変更と同じく、多くのユーザーが気になるであろう実射性能をテスト。
屋外で30m 先に設置したマンターゲットにそれぞれ撃ち込んでみた。
使用したBB 弾は弾はすべて0.2g のバイオ弾で当日のコンディションは弱風の向かい風。ベストではないがある意味実戦に近い状況といえる。
それぞれのスコアは下の通りだが、共通する印象はETU によるスパッと切れるトリガーの鋭さ。
極端にショートストロークではないが一般的なAR 電動ガンに比べるとかなり短くスピーディに撃てる。
弾道はショートバレルのARP9 とARP556 は0.2g 弾では40m 以降でやや散りやすい印象。
おそらく0.25g 弾の方が相性はよさそうだ。一方のCM16 PREDATOR は適度な長さのバレルのためか0.2g 弾でも安定したグルーピングを発揮していた。

(Visited 128 times, 1 visits today)
SPEC
全長725mm
重量2540g
装弾数105 発
パワーソース7.4v リポバッテリー
特徴可変HOP 搭載、ETU+MOSFET