【カスタムる日々】チャンバラ遊話①~ちやんばらってどんな遊び?

みなさんこんにちは~結利晴信です。
もうそろそろ梅雨明けですかね?週間予報とか見ても晴れ続きっぽいんですが…(`・ω・´)
えっ?そう思わせて実は全然明けないんですか?やだー!
蜜豆を見つめる武者の写真

 

それはともかく。今回は最初のご挨拶でちょっとだけ触れていたチャンバラについてお話していこうと思います。
この話題も今後シリーズ的に継続していろいろ語っていければと思っていますが、まずは結利が遊んでる「チャンバラ」って何?どんな風に遊んでんの?ってところから始めていきましょう!
チャンバラ用の剣と盾を持って戦う二人の写真

 

チャンバラっていうのはまあ一般的には“剣みたいな武器を使って戦う遊び”ってことなんですが、結利がやっているのはLARPで使われるような(結構リアルな見た目の)ソフト素材の武器を使ったチャンバラです。
スポンジ系のソフト素材を使った武器なので間違った使い方をしなければ比較的安全で怪我もしにくく、直接叩かれてもさほど痛くないです。長短いろんな種類の剣だけでなく槍とか斧とかの長い武器、手裏剣みたいな投擲武器、盾なんかもあります。
(この使用武器↑についてはまたいずれ回を設けて詳しくご紹介します(゚∀゚)
チャンバラ用の槍や盾を構える人たちの写真

 

で、そういう武器を使ってただただ無制限に叩き合ってるワケではなくて、一応ルール※を設けて遊んでます。
※あくまで結利たちが遊ぶ際に決めているローカルルールであって、これが標準とかそういうワケでは一切ありません。また身軽・気軽かつ安全にチャンバラを楽しむためのルールで、実戦的かどうかといった点を一番に重視しているわけではありません
(ルールについても詳しくは回を設けてあらためて書きますよ~)

【基本ルール】
・武器を相手の体へ先に当てた方が勝ち
・同時に当たったら両者負け
・急所と首から上には当てない
・危ないので突きは禁止

【服装・装備】
・服装は自由
・鎧とか防具ももちろん装備可能。ただし盾以外の装備品に当たったら負け
・目を保護するアイウェアだけは必ず装着する

【遊んでる・練習してる場所】
・チャンバラしてても咎められない広い公園(もちろん周囲に気は配る)
・有料貸出の体育館や武道館
・イベントの際はサバゲフィールドを貸し切り使用

ざっくり書くとこんなかんじです。
どれだけ重装備でも装備品に当てられたら負け!( °Д°)…みたいなところはサバゲとよく似てますよね。
元来チャンバラにはごっこ遊びの要素もあったものですし、イベントの時なんかはみんな思い思いの衣装で自分のキャラクターとかオリジナリティーを出して見た目でも楽しんでいます。(練習の時はTシャツとスウェットパンツとかですけどw)
ゲッターロボやオリジナル衣装を着てチャンバラを楽しんでいる写真

 

そんなかんじで自分たちのルール内で好きな武器を使い、自分の好きな衣装を身に着けて思いっきり体を動かして戦うのです。
そして相手の鋭い攻撃を綺麗に躱せたとき、タイミングよく会心の一撃が決まったときの爽快感は本当にやみつきになりますよ(・∀・)人(・∀・)
今後はこのチャンバラについても、いろんな角度から詳しく紹介していきますね!

(Visited 156 times, 1 visits today)
PR
結利 晴信

結利 晴信 

トイガンの外装カスタム作品を受注製作しております結利晴信(ゆうりはるのぶ)です。月刊アームズマガジンにて「空想銃製作指南~YURI CUSTOM WORKSHOP」連載中。その他アーマー装備・ウエスタン・チャンバラなどいろんな分野で活動中!(゚∀゚)

結利 晴信の投稿一覧