サバゲーでよく使われる言葉とエアガンの基本パーツ用語とは?

サバゲーでよく使われる言葉とは?

サバゲーがよく使われる言葉をいくつかまとめてみました。

サバイバルゲーム(サバゲー)には、特有の言葉や略語があります。以下に一部を紹介します。

①ヒット – 相手に当たったことを意味する。ヒットした場合は、「ヒット!」と叫んで退場する。

②レスポンス – 復活地点から再参加すること。

③セーフティ – 銃の安全装置を意味し、銃を携帯する際には常にセーフティをかけることが求められる。

④マズル – 銃口を意味する。

⑤フルオート – 連射モードを指す。

➅シングル – 一発ずつ発射するモードを指す。

⑦グレネード – 手榴弾を指し、複数の相手を一度に攻撃することができる。

⑧グリップ – 銃を持つ手の握り部分を指す。

⑨ゴーグル – 目を保護するための保護メガネを指す。

⑩チーム – プレイヤーが所属するグループを指す。

これらの用語はサバイバルゲームでよく使われるものですが、場所やグループによっては異なる用語が使われる場合もあるので、参加する前にルールや用語について確認することが大切です。

エアガンの基本パーツ用語とは?

エアガンは様々なパーツで構成されています。以下に一般的な銃のパーツをいくつか挙げてみます。

①バレル(銃身) – 弾丸が飛び出る場所で、銃の性能に大きく影響します。

②フレーム(銃の本体) – 銃の中心部であり、トリガーやグリップなどのパーツが取り付けられます。

③スライド(自動拳銃の場合)- 銃の機械装置で、弾丸を装填したり排莢したりする役割があります。

④トリガー – 銃を発射するためのレバーで、引くことで撃ち出しのメカニズムが作動します。

⑤グリップ – 銃を持つための手の当たる部分で、人間工学に基づいて設計されています。

➅ストック – 長距離射撃に用いられる、肩にあてる部分で、銃の重量を分散するために役立ちます。

⑦サイト – 銃の照準器で、照準を合わせるためのマーキングがされています。

⑧マガジン – 弾丸を収納する部品で、銃から弾丸を供給します。

これらは一般的なエアガンのパーツの例であり、エアガンのタイプや目的によって、より特定のパーツが追加されたり、一部のパーツが省略されたりする場合があります。

いかがでしょうか?

これからサバゲーを始める方もサバゲーに興味がある方もぜひチェックしてみてください。


サバゲー初心者のススメはこちら

サバゲーについてのQ&Aはこちら

その他の記事はこちら

サバゲー初心者

(Visited 473 times, 1 visits today)
PR
編集長M

編集長M 

ユニオンウェブ編集長のMです👨🏻‍💻ユニオンウェブは多方面のフィールド様やショップ様、個人活動されている方の宣伝にもお役立て頂けます💡サバゲーを愛する方々が手を取り合って笑顔を増やせる場を創れればにて、ぜひ一読、ご活用ください🌱

編集長Mの投稿一覧