【カスタムる日々】ウエスタン流儀②~ ウエスタンサバゲの服装

皆さんこんにちは、結利晴信です。
食欲の秋、読書の秋、ウエスタンの秋。
というわけでウエスタン流儀の第二回、今回はウエスタンサバゲでの服装についてご紹介していきたいと思います。

 

ウエスタンスタイルに興味はあるけどちょっと手を出しづらいって言われるうちのひとつは、どういう服装をすればいいのかよくわからないって理由ですね(´∀`)
たしかにウエスタンの服装って漠然としたイメージはあるけど、具体的にどんな服装にすればいいのかは判断が付きにくいかもしれません。でも心配ご無用。

【ウエスタンスタイルに最低限必要なモノ】
・シングルアクションアーミー(さすがにこれは欠かせません)
・SAA↑の収まるホルスター
・ハット(安ければ2000円~)
・無地のシャツ(襟の先にボタンのついてないもの)
・ジーンズパンツ
・ベルト
・ブーツ(タクティカルブーツやデザートブーツでも可)

軽くウエスタンやりたいということなら、とりあえずこれだけでウエスタンスタイルにできます!
ジーンズにデザートブーツの写真
↑例えばこれは結利の足元ですが、黒いジーパンに普通のサバゲで使ってたデザートブーツを突っ込んだだけ。
パンツの裾にブーツを入れ込んでしまえば全然目立たないので、別に凝った専用ブーツが要るというわけじゃないのです(´ω`)

 

ウエスタン装備でサバゲをする結利の写真
ライトなウエスタンスタイルを卒業して自分なりのオリジナリティを出したいとなったら、
あとはもう自分が憧れたりやってみたい西部劇キャラの服装を真似したり、アレンジしたりすればOK。
上の写真は結利の服装ですが、元はゲーム「レッドデッドリデンプション」の主人公の服装を参考にしてました。
そうそう、バンダナなんかは持ってると色々使えるウエスタンアイテムですね。

 

派手なベストを着た男の写真
関西西部ガンマン協会・協会長のクラさんのキャライメージは、映画「クイック&デッド」のジーン・ハックマン演じる悪~い町の権力者のような、”わざと体を掠り撃っていってなぶり殺しにするような悪党”だそうです。
うん大体あってる。
悪どさ感じさせる深紅色の柄ベストと、フォーマルなボウタイがそれっぽいですよね。

 

メキシカンポンチョを着た男の写真
マカロニウエスタンのイメージなら「荒野の用心棒」みたいなポンチョもかっこいいですよね。
映画を知ってる人ならこれだけで凄腕のガンマンっぽさを感じちゃいますw
そしてなんとこのポンチョ、それっぽい柄のチェアカバーを縫い合わせた手作り品なんだそうです!
専用のものを買わなくても工夫次第でカッコいい装備品ができちゃう好例です(´∀`)

 

ならずものとインディアンの写真
あとは町のならず者とかインディアンとか。…インディアン?!
そんな思い思いの自分がやってみたいキャラの服装を追求して演じてみるのも、ウエスタンスタイルの楽しさなのです(´∀`)

(Visited 341 times, 1 visits today)
PR
結利 晴信

結利 晴信 

トイガンの外装カスタム作品を受注製作しております結利晴信(ゆうりはるのぶ)です。月刊アームズマガジンにて「空想銃製作指南~YURI CUSTOM WORKSHOP」連載中。その他アーマー装備・ウエスタン・チャンバラなどいろんな分野で活動中!(゚∀゚)

結利 晴信の投稿一覧